徒然なるゲームの日常(シャドウバース多め)

基本的にシャドウバースについての雑記

グラマス到達以降に改めて気づいたアンリミテッドフォーマットの魔境さとアディショナルカードについての私見


スポンサードリンク

こんばんは。休日はなかなかぐうたらしてしまうので、気づけばこんな時間です。今日はキングダムを久々に読み返してました。合従軍との戦いは何度読んでもおもしろいなあ。

 

 

さて、昨日からはポイント稼ぎという呪縛から逃れたということでアンリミテッド環境で色んなデッキを試していました。フェイスドラゴンとotkエルフ・ネメシスが多いような印象を持っていましたので、基本的にそういったデッキにある程度対応できるように構築をしていたのですが、正直きつい!改めてアンリミの魔境さに気づきました・・・

 

強く認識したきっかけは、「スパルタクスロイヤル」と「黄金都市ビショップ」の存在によるものです。

基本的にフェイスドラゴンに対応する為には守護や回復が必須といってもよいです。また、一枚で複数除去できる札もできれば欲しいところですね。otkエルフ対策にも基本的にパワーで圧倒するか守護を並べる選択肢が多いと思います。ネメシスは正直わからん。相手のプレイングや上振れ度合いによって戦況が変わりすぎて、テンプレ的な対策は思いつきません。

 

で、主に試していたのはニュートラルエルフ(Nエルフ)と魔導の巨兵ウィッチなんですよ。

Nエルフについては、ユニコなどの無視できない回復フォロワーや、グリームニル・ヘクトル・大鎧のミノタウロスなどの守護が積みやすい上、エルフの双撃やフニカル進化での複数除去なども結構ありますしいけそうな雰囲気が出ていました。しかしBBがネメシスに簡単に処理されてしまう事もありますし、スパルタクスロイヤルに先攻取られた時がマジできつかった。アルヤスカ先輩が固すぎてちょっとしたミッドレンジデッキはすぐに跳ね返されそうです・・・

対黄金都市ビショップについては構築にもよりますが、中盤以降にバロンがかなり回転よく出てくるので単体火力のみでは押し切れませんでした。BBが破壊されないので行けるかと思っていたのですが、毎ターンのようにバロンが出てくるとさすがに双撃を複数手札に抱えていない限り難しいですね。

 

魔導の巨兵は対面によって猛威を振るいます。フェイスドラゴンなんかは比較的勝率高かったですね。特にランクマッチにほぼ見かけない構築ですので、相手が対応を誤った(ケアすべきものが見えづらかったから)事が多かっただけですが。

特徴としては獣面の魔術師などで土の印を手札に集めながら戦い、理想的には呼びさまされし禁忌を後攻3Tか先攻4Tに置くこと。そこでうっかり処理しないでおくとこちらはウハウハなわけで、相手は死にます。顔が持たないと思う方もいると思いますが、実際その勝ち筋で相手をほぼ壊滅状態に送った試合もいくつもありました。

あとはジオス進化で大召喚か精神統一をサーチするのも強い動きでした。高スタッツになるかドロソ確保しながら4/4のスタッツで上から踏むかという感じです。先攻4Tに相手が禁忌をスルー→こちらがジオス進化からの精神統一で盤面一掃しながら顔面6点という流れも結構ありました。

魔導の巨兵自体も、処理できないクラスにとっては出ただけでリタイアレベルの強さがあります。アンリエットと組み合わせてのOTKもありました。

 

ただし!なんといっても黄金都市ビショップにまったく勝てない!勝率2割もいかない!破壊耐性さえあれば・・・と思いましたが、それはそれでカードパワー高すぎるから仕方ないと諦めました。

 

そんなこんなで、流行りのデッキに対応しながら戦おうとするとどうしても壁になる対面が存在してしまうんですよね。これでも頑張って勝率45%ぐらいで収まっているので上出来かもしれません。

スパルタクスロイヤルとかコンセプト的には好きなのですが、あそこまでお手軽に特殊勝利できてしまうというのはさすがにコントロール殺しな気がします。往年のコントロール殺しと言われた超越ウィッチよりもやばみを感じます。

 

 

今月はめげずに色んなデッキを試しますが、結論は出ているのかもしれません。「勝ちたきゃ黙って環境上位のデッキを使え」・・・と。

 

 

 

来月はまたローテーションに戻ります。といっても本気で走る気はありませんが、アディショナルカードを踏まえた新環境の動きを確認していく感じですかね。

ということで華麗に話題は変わりまして、アディショナルカードについて特に興味深かったものを述べていこうかと思います。引用とかどうやってやるのか良くわからんので、文章のみで許してやってください。

 

なんといっても僕の興味は圧倒的に「ミストデューク・アソード」に向けられています。正直その他のアディショナルカードと比べて地味ですし評価も高くないカードかと思いますが、そんなの関係ありません。強い弱いだけが興味の基準ではないのですよ。

 

 

理由はたった一つ、「7コストの指揮官であること」のみ!兵士の誓いロイヤル作るしかない!高ぶってきた!てな感じです。

 

元々援護射撃ですとか、ルミナス騎士団の旗印などのアミュレットを軸にした指揮官ロイヤルが好きなんです。隙が大きすぎるけど後々爆アドみたいな感じがたまらん。

前環境までは5コスで兵士の誓いを置いた後に、メリッサからゼタが出てくるというアドの取り方でなんとか戦えていたんですよね。それがメリッサのローテ落ちによって厳しくなってしまった(というか使い物にならなくなった)あと先陣の騎兵も痛かったですが。

7コス指揮官が来たことで、アルヤスカ先輩がついに出てこれるようになります。ミストデューク・アソードのファンファーレにAOEもあるので、相手の盤面をある程度処理しながら大型守護が立つというのはロマンを感じませんか?・・・感じませんか、そうですか。

使ってみないことにはわかりませんが、

5T目兵士の誓い

6T目鉄拳の獣戦士(ゼタを添えて)

7T目ミストデューク・アソード(アルヤスカ先輩出勤)

の流れはやってみたい。他にもリーシャ出せば勝手に進化してくれるギミックも搭載しています。

白刃の剣舞が惜しいですが、イルミスナから兵士の誓いを確定サーチする形から始めようかと思っています。

 

 

興奮して長くなりましたが、その他のカードで気になったのは

ウィッチの「魔術の王・ソロモン」と「未知の求道者・クラーク」

ネクロの「鳴動のギガントスカル」

ビショップの「希望の守護者・ソニア」

です。

ソロモンは単純に強いと思います。ライオ、無貌の魔女のサーチ→0コスとか、夢がいっぱいですね。

クラークは理想的な使い方について正直イメージが湧いていません。ただ今後必ず強い動きが出てきそうな効果でありつつ、2コスとしてもハンドが減らないかつスペルブースト2回分できるので腐りづらいかなと思いました。

ギガントスカルについては機械ネクロの可能性を感じるカードですね。エンネア自体は強力なのですが、7T目と8T目の動きが少し不安だったのでそこを埋められれば9T目のつかの間の幸福にうまく繋がりそうです。

ソニアの印象は「ただただ強いだけのカード」といった感じです。スタッツは高いし選択不可も優秀、エンハンスで破壊耐性まで持っちゃって・・・このカードを軸にしたコンセプトデッキは作られないかもしれませんが、入れるだけで強いカードですし、進化権が切れた後のエンハンスソニアで試合が決まってしまうということも十分に想定できそうです。若干の不安要素は、聖獅子と噛み合いが良くないところですかね。

 

 

現状の感想はこんな感じです。他にも面白そうなカードがありましたが、全てのカードを評価しているサイトやブログは他にもありますし、逆にまとめサイト的な評価や感想ではなく野良ユーザーとしての感想のほうが「なるほど、こういったものの見方もあるんだな」と思っていただけたりするのではないかと思っています。

僕自身はトッププレイヤーでもなく中堅レベルなので、間違っている評価もあるかもしれません。その時は遠慮なく手のひらを返します(笑)

 

 

正しいかは関係ないんですよ。想像している時間が面白いんですから。

 

 

それでは、今回はこれぐらいにしておきます。できる限り続けていこうと思っておりますので、今後ともよろしくお願いいたします。