徒然なるゲームの日常(シャドウバース多め)

基本的にシャドウバースについての雑記

ソロモン採用のスペルウィッチが無限の可能性!?プレイングが激ムズだが・・・(シャドウバース)


スポンサードリンク

こんにちは。昨日は記事を書けませんでした・・・思い立って、せめてリプレイの戦いでも動画にしてみようと思ったのですが、これが想像以上に素人にとっては難しくて。

録画がある程度終わったので、いらない所をカットできれば完成しそうです。

 

さて、まずは訂正ですが、前に書いた記事で勝率が間違っていました。16勝4敗は80%でした。記事上では訂正済みです。その後はうろ覚えですが、最終的に25戦で19勝6敗(勝率76%)で終えました。他のデッキも試したかったので、断腸の思いですが兵士の誓いには一度眠っていただく事にします。

 

今はソロモン採用のスペルウィッチを回していますが、自分が構築を考える限りは勝率を求めた場合のソロモンの使い方は大きく分けて2つあると思います。

・ライオをサーチして開闢、真実の狂信者、真実の宣告などで押し切る動き

 

・ルーニィから滅亡の予言をチョイスし、無貌の魔女をサーチして早いターンで打てるようにする動き

 

正直2つ目は上振れれば強いです。今の環境は10T目前後にリーサルを意識するデッキが多いので、

2T目にソロモン→7T目までに9回ブーストして無貌の魔女、滅亡の予言

が本当に成立すれば他のデッキよりも早くリーサルが取れます。・・・があくまで理論上。かなり安定感に欠けるような印象です(回したことないのでわかりません)

 

ということで僕はまずライオ軸から試しています。回してまだ間もないので全然立ち回りが分かっていませんが、今のところの印象では「強い」です。

 

現状、勝率は50%ちょっとです。(20戦11勝9敗)

しかし、ソロモンの具体的な使用方法やマリガンの基準に悩みながら戦っていた前半10戦(4勝6敗)に比べて、少しずつ慣れてきた後半の10戦(7勝3敗)の方が勝率自体も上がってきていますし、回している感触も良いです。もちろん20戦程度だと対戦相手のバラつきがありますので、単純にはいきません。ただ、練度が上がれば上がるほど強いデッキになることは間違いないと思います。

 

基本的にソロモンを使う際に、ソロモン自身のブーストと指輪のブーストどちらを行うのが良いかが一番の迷いどころかと思います。今のところの僕の結論としては、

「2T目に出せるようならソロモンは出してしまう。もし2枚目のソロモンが来たらそちらはブーストしておく」

といった形です。今のウィッチであれば、2T目に出せば7T目までに7ブーストしてライオをサーチすることは結構簡単です。なので、盤面に干渉させるためにも出せたら出した方が良いと思います。

今まで回していて思ったことは、ソロモンを1ブーストして指輪を6コストにした場合、6T目までには7ブーストが難しいです。結局7T目に出すことを考えると、1コストをうまく使えないともったいないなあと感じました。ソロモンを2ブーストして5コストにしておけば、7T目に指輪を使ってライオサーチした後に2PP余るのでもう1つ動きができそうです(ウインドブラストやマジミサなど)

 

半端にブーストしてコストを下げても、その分サーチするまでにかかるブーストを貯めるのにターンが遅れてしまうことを考えると、ソロモンは先出ししてしまって安定的に7T目着地を考えた方が強い動きになりそうというのが現状までの見解です。回している過程でもっと良い動きにたどり着くかもしれませんので、その際には報告します。

 

マリガンについてですが、おそらく優先的に探しに行くのは「ソロモン」「エレノア」「テトラ」ですかね。ライオは基本サーチで持ってくる前提で進めるので、キープの必要はありません。「運命の導き」に関してですが、エレノアとセットであればありかなあと。

「知恵の光」「マジックミサイル」などのドロースペルは今の所流しています。知恵の光については、先ほど述べた理由でソロモンを1ブーストして2T目に使う動きが強いと思えないからです。知恵+導きならまだ考える余地はあると思います。

 

クラークの採用で2T目の動きがしやすくなったので、基本強気のマリガンをしています。今の環境が2パスぐらいでは壊滅しない遅めの環境ということも影響しています。

 

 

 

最後に一応デッキリストを載っけておきます。なんとか立ち回りを磨いて勝率を上げていけるように頑張ります。今後ともよろしくお願いいたします。

 

f:id:higashitaka:20190523170713p:plain

テトラは本来3枚が良い。開闢はピン刺し

 

 

(追記) 

その後リプレイが確認できる30戦まで回したのですが、最後に7連勝フィニッシュで19勝11敗(勝率63%)まで持ち直しましたのでやはり練度に従って勝率は上がっていきそうです。

念の為に対面ごとの内訳を書いておきます。

・全体 30戦19勝11敗(約63%)

対ウィッチ 9戦7勝2敗(約78%)

対ネメシス 4戦3勝1敗(75%)

対ネクロ  4戦1勝3敗(25%)

対ヴァンプ 4戦2勝2敗(50%)

対ロイヤル 3戦2勝1敗(約67%)

対エルフ  3戦2勝1敗(約67%)

対ビショ  2戦1勝1敗(50%)

対ドラゴン 1戦1勝0敗(100%)

 

ネクロ戦はきつい戦いが多かったのもありますが、最初の10戦に固まっていたのでそもそもの立ち回りが疑問だったのもあります。そこらへんはもう少し対戦数が多くなっていけば自然に答えは出そうです。