徒然なるゲームの日常(シャドウバース多め)

基本的にシャドウバースについての雑記

ソニア採用リモニウム天狐が(対機械ヴァンプのみ)安定高勝率な件について


スポンサードリンク

みなさんこんにちは。昨日は外出していたのであまりプロリーグを見られませんでしたが、横浜・F・マリノスと名古屋OJAベビースターズだけはなんとか見ました。

 

ランクマッチでは興味本位で様々なデッキタイプが氾濫していますが、しっかりしたBO3となるとやはり聖獅子ビショップとミッドロイヤルが使用されていましたね。もちろん他の対戦では採用されていない可能性もあります(今度暇な時に見ますね)

 

それ以外では、人形リーシェナネメシスやスレイを採用した機械ヴァンプ、機械ネクロ、ソロモン採用スペルウィッチが新しく採用されていた記憶があります。機械ヴァンプについては元々いましたが、スレイを採用することで立ち回りや構築などが大きく変わっていますので別タイプだと思った方が良いと思います。

 

僕が最初の方の記事で推していた兵士の誓いロイヤルは・・・入ってませんでした。仕方ないね、公式プロリーグでそんなデッキ使う余裕無いよね。

 

 

 

さて、こちらのブログでは主に「環境であんまり見かけないけど以外と強いデッキ」を紹介してるつもり(スペルウィッチ?知らん)ですが、昨日の朝から今までにかけて回している「リモニウム天狐」について紹介していきたいと思います。

 

結論から言いますと、このデッキまじでリーシェナに勝てない。ブローディアでダメージカットしても、メタリックおじさんでダメージカットして顔殴ろうとしても、ソニアで処理できない盤面作ろうとしても、悉く返されます。なんで後攻4T目(先攻5T目)に必ずリーシェナが出てくるんだろうか?同じカードプールでデッキを作ってるはずなのに、皆さんの引きの強さが永遠の謎です。

 

 

話は逸れましたが、リモニウム天狐は元々スペルウィッチに強く出ることを見て構築を進めていました。もちろんリモニウムに優先して進化権を使いに行きたいのですが、ソニアに進化を切ると相手に進化を強要できるのが強いんですよね。もちろんテトラでは上から取れないのでそれだけで主導権を握れたりします。

ただ、それで中盤を圧倒したところで7T目あたりから宇宙ムーブかましてくるんですわ。ライオ・真実の狂信者・宣告などで一気に顔を詰めながら盤面を作ってくるので、開闢用に採用しているテミスを打つしかなくなって後手に回る試合が2試合に1つぐらいのペースで出てきます。

もちろん短期的に相手の宇宙ムーブ率が高いだけかもしれませんが、それにしても五分じゃ意味ないんだよって感じなんですよ。コンセプト崩壊のお知らせかと思いました。

 

 

 

・・・だが、神は天狐を見捨てていなかったのです。思わぬ副産物として、対機械ヴァンプに限って言えば勝率約90%を叩き出しております。(9戦8勝1敗・88.8%)

 

今の環境は機械ヴァンプと当たる確率もそこそこ高いので、不利な対面に勝てなくてもトータルではまあまあの感じです。ポイントは微増ぐらい?

環境の状況によってですが、機械ヴァンプがあまりにも多い時には使用しても十分戦えるデッキになっていると思いますので、長い前置きになりましたが紹介していきたいと思います。

 

デッキはこんな感じです。

f:id:higashitaka:20190527163100p:plain

 

レフィーエが3枚欲しいけどエーテル事情により2枚採用にしてあります。代わりに減らすのはメタリックおじさんかなと思います。

 

立ち回りについて、まずマリガンですがアクセラレート込みでも2コストの動きが12枚しかないので本来は2コストを探しにいきたい。でも、基本的にリモニウムか天狐の社を引けないと勝ち筋に持っていけないのでその2枚を探しにいきたいです。先攻であれば天狐、後攻であればリモニウム優先ですかね。ただし、今はレフィーエを2枚採用にしている為先攻後攻問わずレフィーエはキープ対象にしています。

天狐出すだけだと強くないので、必ずレフィーエは6T目に出したいです。逆に、手札にレフィーエがない場合は無理して5T目に天狐を置きにいかないこともあります。

その分をソニアの進化などに使って、相手に進化権の使用を強要しにいくことで早めに進化権をきらしにいくプランが比較的多い気がします。進化権が切れれば天狐を置く余裕も途中で出てきますし、メタリックおじさんやエンハソニアで大きな蓋をする動きも強くなってきます。

 

機械ヴァンプに強い理由ですが、あくまで個人の主観としては

・漆黒の法典の消滅がアーマードバット等の機械フォロワーに刺さる(モノの起動をずらせる可能性がある)

 

・リモニウムやソニア・レフィーエなどのスタッツが比較的上から取りにくいので、弱い盤面でこちらにターンが返ってくることが多い

 

・細かい回復を挟むことでリーサルをずらせる

 

・「バフをかけたスレイで一気に殴る」などのプランは基本大きい守護で対応できる(相手はスレイだけで6コスト使うので、他に強い動きを一緒にできない)

 

・「モノでのリーサル」は基本的に回避しやすい

7T目のモノ→ファーストワンではモノしか走れないが、守護が立っていることが多い

9T目のモノ×2→ファーストワンを使われるまでには、こちらが大きくアドを取っているかブローディアを置けていることが多いので、あまり怖くない

 

・相手が途中でプランを切り替え、「できるだけ盤面に多く並べて次のターンにモノで一斉進化」というパターンを狙ってきても天狐の社の効果で基本破綻する

 

といった感じかと思います。ドローソースを削っているので正直安定するかどうか不安だったのですが、大きいスタッツで相討ちを繰り返しながら戦っていくのであまり事故は気になりませんでした。

 

ソニアやメタリックおじさんに対して機械神で除去をしてくるケースも多かったのですが、むしろそこで3PP使ってくれると他に強い動きができないので許容範囲だと思います。

 

 

テミスの粛清も初めは採用するか迷ったのですが、機械ネクロにも刺さる場面がありますし今は採用の価値が十分にあると思います。

 

 

決して環境上位にいるようなデッキではありませんが、使っていて楽しいデッキですのでもし機械ヴァンプに100年越しの恨みが募っている方は是非試してみてください。

 

 

 

・・・え?30戦の成績?そんなものは知りませんねえ(遠い目)