徒然なるゲームの日常(シャドウバース多め)

基本的にシャドウバースについての雑記

ルーニィ!ライオ!無貌の魔女!贅沢スペルウィッチがソロモンの事故防止によって頑張れる環境に


スポンサードリンク

お世話になっております。

 

今回は、端から見たらちょっと無理やり感のある詰め込みデッキを紹介します。

 

それが、タイトルでも書きました「ルーニィ・ライオ・無貌の魔女搭載ソロモンスペルウィッチ」です。

 

今の所デッキレシピはこんな感じ

f:id:higashitaka:20190528183451p:plain

マシンエンジェルはサーチ対象から外すために抜きました。まだ構築が固まっていませんが現在はこれで回しています。熾天使の剣の所が自由枠。

 

 

 

このデッキ、訳分からんぐらい勝ち筋がありすぎて訳わからんぐらい難しいです。

主に狙うのは

  • ルーニィから滅亡の予言をチョイスするプラン
  • ライオ置き以降の真実の宣告でひたすら耐久しながら詰めていくプラン
  • 無貌の魔女で滅亡の予言を増やすプラン

の3つがありますが、基本的に中心はルーニィになるかと思います。

ライオからの宣告パターンでも、滅亡の予言の7点がダメ押しになる事が多いですし、無貌の魔女のプランでも基本滅亡の予言をチョイス済みの前提での勝ち筋です。

 

 

こういったデッキは総じて事故が怖いのですが、ソロモンの登場によってだいぶ安定性が上がりました(とはいえ事故は全然起こりえますが・・・)

例えば最初はライオサーチの予定でブーストを調整していたのにピン刺しのライオを引いてしまった時、9ブーストでの無貌の魔女プランに以降することもできます。両方とも素引きしてしまうという悲劇が起きた場合は10ブーストまで持っていってしまってクラークをPP回復要員として持って来る動きも実際にありました。

 

正直テンプレとなっているような真実の狂信者採用の方が強いかもしれません。でも、「無貌の魔女」のロマン性に惹かれたりしません?・・・しませんか、そうですか。

 

 

マリガンでは主にソロモン・エレノア・ルーニィを狙いに行きます。序盤の立ち回りもその通りに動けるのが理想ですね。

その場合7コストのソロモンの指輪が手札にある訳ですが、ルーニィプレイの4T目までに3ブーストです(後攻であれば4ブースト)。後攻時であれば5〜6T目で頑張って5ブーストできると7T目には晴れて無貌の魔女をサーチ、滅亡の予言を打てます。7T目滅亡ってだいぶやばいと思います。

先攻時ですが、2ターンでの6ブーストは運命の導きなどを絡めないと難しい事が多いです。しかしどちらにしろ先攻では進化権が2つしかない事もあって無貌の魔女に進化権を使えるかわからないので、割り切って7ブーストからのライオサーチに切り替える事もあります。2ターンで4ブーストなら全然楽勝ですしね。

 

ライオプランの時には現実的に9T目が滅亡の予言を打てるタイミングになるかと思います。ぶん回れば8T目でも打てますが。

無貌の魔女は滅亡の予言を複数使う事でほぼ逃れられないリーサルを狙うのに対して、ライオプランでは滅亡の予言は1枚プレイです。どちらかというと宣告の回復で耐久しながら2〜3Tかけてリーサルに持っていくという立ち回りです。

 

それなら圧倒的に無貌の魔女の方がええやん!と思う方もいるかもしれません。ただしこのデッキのコンセプトは「途中でプランを切り替えられる」という事にあります。

デッキの回り方・ブーストのかかり方のペースを考えながら柔軟にどちらかに以降していく事で、ロマンを求めつつ事故りすぎないようにしているのでご了承ください。

 

 

また、ソロモンが早めに引けなくてライオも無貌の魔女もサーチができない!という時には基本的に滅亡の予言単体での勝利を目指します。少々心細いですが、宣告のダメージやクラークから得られる真理の術式など、意外と顔を詰める手段もあるので十分勝負になります。パーツが何一つ来ない時は事故です。絶望してください。

 

 

 

上記で紹介した動きはあくまで一つのパターンでして、手札が思う通りにこない場合や対戦相手の動き方によって取るべき選択肢は変わります。

具体的には機械ヴァンプに対してですが、基本的に相手の5T目の動きに合わせてエレノアに進化を切る事が多いです。理由としては、鉄刃の悪鬼と相討ちを取れるスタッツだから。

色々なパターンがありますが、多くの場合機械ヴァンプは1/1を複数展開している事が多いので、エレノアの体力が2以下になる事は少ないです。なので、悪鬼の進化時効果だけでは取れないケースが多く弱い盤面でこちらにターンが返ってくるという事になりやすい印象です。

 

 

 

元々僕が垂れ流しでも良いので動画を作りたいと思った理由として、こういった細かい立ち回りを紹介するのに文章だとあまりにも膨大な量になってしまいがちですし、実際の戦いの中でどれほど理想のプランと離れた状況になり、その際にどのような選択肢を取っていくのかという無限の広がりをそもそも文章にするのには無理があると感じていた事があります。

僕自身youtubeなどは良く見ていますが、一つのデッキタイプに対して(おそらく)面白い・視聴者が盛り上がると思った数試合をピックアップして動画にしている人が多いと思います。実際その方が楽しいです。

ただし、僕が紹介したいと思っているのはむしろ面白さよりも生々しさといいますか、現実にたくさん試合をこなしている中で・様々な対面の様々な状況の中でのさりげない動きを全て晒す事で、使っているデッキの回し方などを参考にしてもらいたいと思って日々動画編集の勉強をしています。

 

 

 

 

・・・すいません。少々熱くなりました。

話をスペルウィッチの評価に戻しますが、良く対戦するデッキとの相性としては

  • ウィッチミラー  →微不利〜微有利
  • 機械ヴァンプ   →五分〜微有利
  • リーシェナネメシス→有利
  • (6T目サタンからの7T目アスタロト→ガン不利)

といった感じですかね。ウィッチミラーについては正直対戦相手によって練度が違いすぎて未だにつかめていません。狂信者と宣告(最近は絶キマも)でゴリゴリ削ってくるので、同じ練度だとしたら微不利かもしれません。

最後のは若干ネタも含んでいますが、短時間で2回もやられて心が折れたので入れました(笑)

 

 

詳細の戦績について紹介したいのですが、何しろああでもないこうでもないと構築をグチャグチャにいじっているので、固定の構築で回っていないんですよ。なので、全然参考にできないので構築がしっかりと固まったら紹介します。

 

 

みんなが使っている流行りのデッキでは何か物足りないというそこのあなた!

ロマンを求めて使ってみませんか?

 

 

それでは今回はこの辺で。今後ともよろしくお願いいたします。