徒然なるゲームの日常(シャドウバース多め)

基本的にシャドウバースについての雑記

怒りのデッキ投稿 素人が送る機械ネクロの歩き方〜初級編〜(シャドウバース)


スポンサードリンク

こんにちは。お疲れさまです。

 

僕は憤慨しています。何にかといいますと、昨日七つの大罪のゲームについて書いたじゃないですか、珍しく。

 

 

 

 

 

 

その記事がシャドバの記事よりもめっちゃ早いペースで読まれてるんだよーい\(^o^)/

確かにタイアップ物だしね、シャドバはリリースから長い分競合相手が多いのもあるしね、なんとなく理由はわかっていますよ・・・ただこちらとしては主戦場はシャドウバースな訳なので、負けずに頑張ってきたいと思います。

 

 

 

というわけで、今回は機械ネクロを回してみた印象を話していきたいと思います。

決してロイヤルが飽和しすぎてやることがなくなったというわけではございません。断じて!いくらネクロをほとんど回したことのない素人だからといって、全員に全てのクラスを使う権利ぐらいあるでしょう!!俺だってネクロを使いたいんや!!!

 

 

 

・・・良い子はこれで分かるだろ?いいね?

 

 

さて、機械ネクロの現状の立ち位置ですが、その日その日の環境によってだいぶ変わってくると思います。スペルウィッチや機械系デッキの存在、ミッドレンジロイヤルにオクトリスが何枚採用されるのがトレンドなのかなど、他のデッキとの噛み合わせできっと変わるんでしょう(と勝手に思っています)。

 

個人的にですが、《鳴動のギガントスカル》についてはあまり採用したいと思えていません。3点オールって強いんですが、なんかそれぐらいのダメージってゲームを決めるぐらいぶっささる時もあれば、「で?それがどうしたの?」ってぐらいクソみたいな時あるんですよね。それこそ先程言っていた、その日その日の環境によって採用が疑われるカードかと思っています。強いんですけどね。もちろん。

 

 

 

あまりにもネクロの経験が無い物ですから、デッキ構築をする上で某サイトで相性表を確かめてきました。スペルウィッチに対して微不利というのはまあなんとなくイメージできたのですが、機械ヴァンプに有利なんですね。それは目からウロコでした。

てっきり、機械フォロワーでガチガチに固めている機械ヴァンプには不利がついているものと勘違いしていました。ギガントスカルのAoEも空気ですし、つかの間の幸福のダメージ軽減も5までしかカットしないのでモノやスレイの6点疾走にはあまり影響しないものだと思っていました。素人すぎてすいません。

 

 

 

そんな能書きはここまでにして、デッキ紹介に参りましょう。こんな感じです。

f:id:higashitaka:20190606165252p:plain

見切れている所は機械神2枚です

タイトルで察してください。テンプレ構築を一通り見ましたが、グレモリーと機械神は採用されていませんでしたし、メカニカルゾンビが2枚採用になっていました。少しだけオリジナリティを主張していくのが僕のスタイルです。

 

 

グレモリー採用の理由ですが、自分の運命力的にギルネリーゼをフィニッシュのターンまでに引ける自信がありませんでした。その際に代用になるという事が一つです。また、もちろんネクロ特有の黄金ムーブ(5ターン目ケルベロスなど)ができる事が一番の理想だと思うのですが、ここは自分の感覚的にで申し訳ないのですが、1PP余ってしまうターンが少なからず出てくるんだろうなという予感がしたので隙間も埋めれるカードとして考えています。

他のカードについては何について話せば良いのでしょうか。テンプレだとビッグソウルハンターが3枚採用だったのでそこですかね。

ここに関しては気分です。必要だと思えばもっと入れますし、必要性が感じられなければ外します。現状大型フォロワーを取るのにそこまで苦労している印象はないので、どうなんでしょう。

 

機械神の採用については消去法的な考え方です。ギガントスカルを使いたくないと思ったので入れました(笑)あとは、横展開への細かい除去がしやすい印象があったので。

 

 

 

まだ全然戦績と呼べるほど試行回数を稼げていないのですが、15戦ぐらいして9勝6敗ぐらいのペースです。初心者としては割と良い感じかな?と思います。

ただなんでなのかわかりませんが、スペルウィッチ相手には3戦負けなしなんですよね。謎です。

 

 

 

主な立ち回りですが、良くわからないのでとにかく中盤の強い動きを全力で探しにいっています。ネクロの印象ですが、序盤がスムーズに動けている事は前提として中盤で強い動きができないと圧倒的に不利な気がするんですよね。気がするだけかもしれないけど。

 

なのでおそらくマリガン時にはケルベロス単キープなどは常識なのかと思いますが、ケルベロスとエンネアの2枚キープなども比較的ありなんじゃないでしょうか。もちろん事故的なものも十分に考えられますが、2コスト枠は一応12枚+マシンエンジェルの計15枚体制ですしなんとかなりそうな気もしてます。

 

無事に5ターン目ケルベロスからの6ターン目エンネアが置ければ、だいぶ戦えるんじゃないかな。

ただしそこで問題となるのが、マリガン時に全力でその2枚を探しにいく必要があるのかという事です。

個人的には2コストのカードで《死の夢の少女》は確定キープ、後攻時に2ターン目にフォロワーを置いてくるようなデッキ相手には《悪意の憑依》もキープ対象、それ以外は基本的に流す方向で考えています。

レディ・グレイに関してはアーカスネクロのようなデッキではキープしても十分良い選択肢だと思いますが、機械ネクロだとどうしてもリアニメイト2が強く使えない事が多い印象があります。おそらくマシンエンジェルを2ターン目に打つ可能性があるからだと思います。

マシンエンジェルは2コストで使う事は十分にありますが、むしろつかの間の幸福から出てきてほしいのでキープしたせいで残りの2枚も引いてしまうという事も十分にありえますし、流してます。あまりにも事故が多くなりそうなら考え直してみます。

 

 

 

 

もしかしたら慣れていけばもう少しマシになってくるかと思いますし、マリガンや立ち回りなども回数を重ねていければお話しできる事も増えてくるだろうと思います。

なんか紹介しながら感じている事だけど、中途半端すぎてクソ記事です。ただ昨日の記事に対しての当てつけのようなものです。

 

 

動画のネタになるような強めのデッキを探しながらだと、時間がいくらあっても足りないのが現状です・・・特に今の環境はアディショナルカードが出たとはいえ終盤に差し掛かってますからね。ネタが少ないのもある程度はしょうがないです。

 

 

 

 

 

 

今回はあまり面白くないデッキ紹介になってしまいましたが、決してシャドバに飽きたわけではありませんので!しっかりとデッキ構築に勤しんでおりますので!どうにか見限らないでくだせぇ。お願いします、何でもしますから!

ん?今何でもするって・・・

 

 

 

 

 

 

・・・さて、今夜あたりに七つの大罪の記事でも書くとするかな(需要に媚を売っていくスタイル)