徒然なるゲームの日常(シャドウバース多め)

基本的にシャドウバースについての雑記

グラマス到達以降の近況報告とついでに最近感じている事(シャドウバース)


スポンサードリンク

ご無沙汰しております。土日がなかなか忙しく、ほぼPCを触る暇がありませんでした。当然のようにシャドバもあまり出来ず、見ようとしていたプロリーグも1戦だけしか見れませんでしたorz

 

あまりプロリーグ自体を見れていないのですが、いつも時間があって開いた時にはG×Gのちゃみ選手が試合をしている事が多いのでなんだか縁を感じております。

結果だけ見ればなかなか苦戦していますよね。それでも随所に表れる苦笑いを見ると、たとえプロでも「人間を超越した何か」ではないんだなぁと感じてほっこりします。実際プレイングを見ている限りものすごく上手いのはわかりますし、短期的な結果に左右されずに自分のプレイを貫き通してほしいと思います。

 

リーシェナをいつまでも引けなかったり、相手のトップデックで強者の威風を引かれてリーサル取られたりと、不運が重なる事ってありますよね。僕だって残りデッキ13枚まで掘ったのにリーシェナもメイシアも無尽の人形遣いも引けないという大事故をついこの前起こしましたし。思わず対戦後にデッキ確認画面に行ってしまいました。

 

 

とにかく、当ブログは全力でちゃみ選手を応援いたします!!(赤の他人)

 

 

さて、グラマス到達以降の僕の簡単なシャドウバース上の動きを書き連ねていきたいと思います。

 

 

到達直後

それまで復讐ヴァンプにどうやって勝つかしか考えていなかった僕は、堰を切らしたかのように様々なデッキを使っていました。

具体的にはマゼルベインドラゴン進化ドラゴン自傷ヴァンプなどのB級(どころかC級以下)デッキなどで、なんとMPが6000台まで落ちてしまうという快挙を達成していました。まぁ到達した後だからね、ちょっとぐらいいいよね。

 

まずはマゼルベインドラゴンですが、正直強かったです。強かったけど弱かったです。

な、何を言っているのかわからねーと思うが、おれも何をされたのかよくわからなかった・・・

どういう意味かというと、勝つときはもうこれでもかというぐらい圧倒的なんですよね。勝つ時は・・・ね。勝率は最初の方は3割ぐらい、途中から構築をいじったりして5割をギリギリ超えるかどうかまではいきました。勝ちと負けが半々になった所で満足して終わりました←

何がきついって、今の環境だとマゼルベイン引けても全く有利になる保証がないんですよ。面白かったのでそのうちまた触りたいと思います。

 

それ以外のデッキも構築をいじっている間はずっと勝率4割前後、ある程度構築が固まってきた時に勝率も5割ぐらいという状態が続きました。気づけばあっという間にMPが半分程度に。

 

 

数日後

さすがに「何やってんだろ」と思い始めた僕は、一旦10000まで戻すべくまたネメシスとの旅を始めました。そのタイミングぐらいでちょうど能力変更が行われましたね。

メンテ後にはまず人形リーシェナから始めまして、ストレートで2ケタ連勝を達成したので一気に7500程度まで回復しました。比較的すぐに戻りそうな目処が立ちましたので、途中からは機械人形ネメシスに切り替えて順調にMPを回復。この時期に改めてデッキ紹介の記事を書きました。こちらです

 

www.akisame-gameblog.com

 

結果機械人形ネメシスでなんとか10000までMPを回復することに成功いたしました。

 

現在

現在使用しているデッキは純スペルウィッチになります。もちろん《開闢の預言者》も搭載していますよ(にっこり)

基本的に今ウィッチを使用している方は機械ウィッチをメインで使っていると思うので、はっきり言って人気は無いと思います。でも強いとか人気があるとか、それだけが楽しみじゃないんだよ!!

デッキレシピはこちらです。

f:id:higashitaka:20190715172943p:plain

何のひねりもない構築

 

新弾のカードなんて知りません。老舗さながらの前時代スペルウィッチとなります。

特にひねったカードはなく、強いていうのであれば《マシンエンジェル》を採用せずに《ゴーレムの錬成》にしている所ぐらいです。正直マシンエンジェルの方が今の環境には合っていますが、ソロモンの指輪のブースト回数調整が比較的楽になるのがこの構築の便利な所かと思います。(ブースト8回までならライオ確定)

開闢に関しては絶対にない方が強いです。この構築は《フレイムデストロイヤー》を採用していない為、10ターン目より前に開闢を出すプランがほぼ無いからです。ほぼというだけで、実際はソロモンの指輪からクラークをサーチすればいけますが・・・

 

 

このデッキどれだけ戦えるのよ?と疑問に思う方もいらっしゃるでしょう。僕が回している限りでの勝率は6割を少し超えるかどうかぐらいです。エイラやリーシェナに対しては相手の回り方次第では十分に戦えます。

 

ただし機械ヴァンプに対してはどうしても弱いです。機械ヴァンプとある程度対等に戦う為にはマシンエンジェルを採用するしかないかと思います。理由としては普通の大型疾走であれば対応できるのですが、序盤に小粒を並べられて《獄炎のデーモン》によってバフをかけられると全く回復が追いつきません。実際の対戦の中で、序盤に獄炎のデーモンを2回出され合計6バフ、そして6ターン目にスレイが進化込み14点疾走という化け物ムーブをかまされました。なのでどうしても序盤のプロダクトマシーンを綺麗に処理し続け、できる限りバフのかかってい無い疾走を使わせないと勝機がありません。

 

 

まぁそれでもちょっとずつはMPを盛れてきてはいます。今は大体12000前後です。

気が向いたら久々に1000位以内を目指してみようかしらというぐらいの順位にはつけていますので、頑張っていこうと思います。アンリミ?知らん名だな

 

 

 

終わりに

いずれにしても、メンテ前と比べて多様性のある環境になったと思います。復讐ヴァンプも結局は各カードのパワーが高いので、2枚ナーフされた程度で消えるまで弱体化する事は無かったですしね。

色々と運営に対して思う所がある方もいらっしゃると思いますが、僕個人としてはとても良心的な運営だと認識していますし、楽しいゲームを長期間に渡って提供してくれている事に感謝の気持ちでいっぱいです。

 

・・・グラクロも細々とやってます(ボソッ)そのうち進捗を記事にしようかと思います。